PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

ふりそそぐ太陽の中、日本国内でも数少ないポルシェだけのJAF公認レ−スであるポルシェ・トロフィ−ス−パ−第3戦が岡山国際サーキットにて7月24日に行われました。
今回はポルシェには厳しい夏真っ只中の第3戦でもあり、参加台数は少なめの8台がエントリ−。参戦ポルシェを見ても、993GT2R、996GT3-CUP、993CUP、993RSR、964と憧れのレ−シングカ−が揃った。
決勝当日、日本でも数少ないJAF戦とあって、車検、メディカルチェック、予選とGT並みの活気が溢れていました。
予選は朝8時よりスタ−ト、色とりどりのポルシェが飛び出して行く、特にコ−スアウトもなく、次々とベストタイムを更新、やはりクラスAのポル−ポジションをゼッケン21番の岡田がゲット、2番手には岡田と現在同ポイントのゼッケン11番の一楽が続いた、クラスBはゼッケン68番の佐々木が3番手に食い込んだ。
決勝スタ−ト11:00、路面温度が50度以上の中、8台のポルシェがグリッドに並んだ、シグナル黄色! 赤! 消灯。
12周のバトルがスタ−ト、まず良いスタ−トをしたのが2番グリッドのゼッケン11番の一楽、第1コ−ナ−でゼッケン21番の岡田に並びかける、順位は変わらずそのまま全車1コ−ナ−に消えて行く。
1周目に6番手のゼッケン930番の松島が立ち上がりに、5番手のゼッケン77番の塩見に接触し松島選手のフロントバンパ−が脱落、コ−スアウト、その横をゼッケン38番の平林がパス。予選中に右タ−ビンを無くしたゼッケン294番の三本がペ−スが上がらず追走する。
トップ争いでは、1周目、2周目とスリップに付いていた2番手の一楽選手が3周目にバックストレ−トでスリップよりヘヤピンでインをついて瞬間、岡田選手がアウトより飛び込み接触!同車とも弾き飛ばされながら、コ−スに復帰、岡田選手はそのまま1位をキ−プ、一楽選手はフロントフェンダ−がタイヤと接触するタメ−ジを受けながらもコ−スに復帰した。
ペ−スが上がらなくなった一楽選手を3番手走行中のゼッケン68番の佐々木選手とゼッケン20番の安田が一楽選手を交わし、2番手、3番手に、その後順位は変わらず、クラスAのトップにゼッケン21番の岡田選手、クラスBのトップにゼッケン68番の佐々木選手が入った。
クラスAのポイント争いで岡田選手に一歩リ−ドされた、一楽選手は次の第4戦は落とせなくなった。
クラスBは開幕戦よりシリ−ズポイント・トップの安田選手が今回もポイントを伸ばした。
次回のボルシェ・トロフィ−は10月30日は気候もよく、全国より参加台数も増え、更に激戦が繰り広げられるだろう。


クラスA表彰式

クラスB表彰式

  決勝レースリザルトは → こちら(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト)

本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.