PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

雨中の予選 いよいよ2006年ポルシェトロフィーの幕開け!
ところが決勝前夜は激しい降雨。当日朝には小康状態になったものの、予選スタート時にまた降り始めてしまいました。
全車レインタイヤを装着してタイムアタックを開始。
昨年最終戦でデビューした下井戸選手と今回初参戦の小柴選手が真っ先に飛び出します。
雨は周回を重ねるごとに強くなり、予選タイムはスローペースでしたが、下井戸選手は見事昨年最終戦からの連続ポールポジションを獲得します。
スタート30秒前 午後は雨も止み薄日もさしてきました。
しかし低気温でスリッピーな路面状況に変わりなく、直前に行われたAE86の出場マシンではレインタイヤとドライタイヤが半々くらいという難しい状況。
16時00分、8台でスタートしたポルシェトロフィーの決勝レースは、1周目から波乱がありました。
スタート直前にドライタイヤに履き替えていた下井戸選手がバックストレートエンドで単独スピン。直後を走っていた2005年Bクラスチャンピオンの安田選手には逃げ道がなく絡んでしまい、早くも優勝候補の2台がレースを終えてしまいます。
優勝した佐々木選手 ここでオイル処理のため20分ほど赤旗中断。
再スタート後は最初小柴選手と清水選がトップ争いを演じたのですが、両選手共にレインタイヤをチョイスしており、急激に回復していくコース上でタイムが落ちていきます。
この2台をパスしたのは、スリックタイヤで軽快なドライビングを見せる佐々木選手。彼が駆る赤い68号車は、さらに後続車との差を大きく広げてそのまま一気にチェッカー。2006年シーズン最初の表彰台中央で笑顔を見せたのは佐々木選手でした。
落ち着いた走りで着実にポイントを稼いだ塩見選手のベテランらしい走りも印象的なレースでした。
第2戦はちょうど1ヵ月後の3月26日、桜のつぼみも膨らんでくるいい季節の開催になります。

決勝レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト)


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.