PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

第3戦 5月21日、台風から変わった温帯低気圧が過ぎた快晴の下でポルシェトロフィー第3戦は開催されました。
気温は26度、路面温度は40度を超え、マシンにもドライバーにも過酷なレースを制したのは、プロモデット清水993を駆る清水 隆広選手でした。

清水選手は、予選からターボパワーが炸裂し、2位の芝谷選手から1秒も早いタイムで2戦連続のポールポジション。
第2戦の組田選手に続き、新型997CUPを導入した小山選手は、まだマシンに慣れていないせいか上位2人に少し遅れをとりました。
第3戦 Bクラスも佐々木選手が引き続き好調を維持、安田選手は前戦から続くエンジントラブルでタイムが伸びず今回も苦しいレース。
一方、トラブルが解消した松島選手は「絶好調っ!」。
久しぶりで参戦した平林選手もトラブルで下位に沈み、乾選手もマシンが仕上がったばかりでセッティングが出ず苦しい状況です。
RS-Rで初参戦の平野選手は8位スタートで諸先輩の走りをじっくり見る作戦か。

午後3時、まるで真夏のような暑さの中、決勝スタート。
ところが初戦の緊張からか平野選手がフライング、その影響でレッドシグナルが長くなり小山選手もフライングしてしまいます。
1コーナーを制したのはポールポジション清水選手、続く芝谷選手、小山選手、佐々木選手。
少し空いた後にはエンジンを労わりながら苦心の走りを見せる安田選手に平野選手、松島選手がサイドバイサイドで飛び込みます。
2周目、小山選手と平野選手にドライブスルーペナルティーが課せられます。
小山選手は4位でチェッカーを受けますが、第3戦新型マシンにも慣れた後半はペースも上がり好調だっただけに残念な戦線離脱でした。
レース後半は谷岡選手、松島選手のバトル、それぞれトラブルを抱えた平林選手と乾選手のバトルが繰り広げられていました。
Bクラスは佐々木選手が3連勝。このまま全戦優勝か、それとも誰かが佐々木選手を止めるのか・・・。

第3戦は素晴らしいスピードやバトルが随所で見られたにもかかわらず、全車無事完走という良いレースでした。
次戦は8月、また暑い熱いレースが待っています。
新車やトラブル車が、夏の間にどれくらい仕上がってくるかも注目ポイントでしょう。

決勝レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト)


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.