PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

ポルシェ・トロフィー第2戦 2007ポルシェトロフィー第2戦は、新緑がまぶしい5月20日に開催されました。
予選は、前日の雨も止んだ曇天の中でスタートでしたが路面温度はアタックするに十分。ポールポジション#22小山選手のタイムは、1'37.393と第1戦よりコンマ7秒アップしています。
予選4位の#20安田選手と5位の#33谷岡選手が40秒台、6位以下の7台が41秒台。どのマシンもタイムアップしておりこれまでになく混戦模様を呈しています。

ポルシェ・トロフィー第2戦 いつもより早くグリッド上にマシンがつくと、ほとんど真上の雲の切れ目からは5月の眩しい太陽がのぞき始めました。
これまではポールポジションだけにレースクイーンが傘を掲げてくれたのですが、今回はなんと総合3位まで。初めての#77多田選手は心なしか嬉しそう。
11:58、決勝レーススタート!
予選では今ひとつ決まらなかった足回りを元に戻した#20安田選手でしたが、スタートに失敗し2番手群に埋もれてしまいました。しかもそこにいた誰もがいつもより好ペースで各コーナーを通り抜けていくため、抜くポイントが見つかりません。
ポルシェ・トロフィー第2戦 3周目、第1戦と同じくポールから逃げいた#22小山選手がヘアピンコーナーで単独スピン。外損は見られませんでしたが、スロー走行のままピットロードへ入りリタイアしてしまいます。
その後も6周目には#20安田選手が、9周目には#38平林選手が接触でリタイア。他にも単独スピンが各所であり、順位はラップごとにめまぐるしく変わります。Bクラス2位の#73乾選手はチェッカーを受けても自分の順位がわからなかったそうです。

今回のレース結果は激しい、というより、各マシンがペースアップした反面でドライビングミスや精神的な焦りが見えたように感じました。そんな中でいつもの速さを維持した#68佐々木選手、ペースを崩さず淡々と走りきった#77多田選手の初優勝が印象的な第2戦でした。
またマシンを買ってからサーキット走行がまだ3回目だという初出場の#56市川選手は#55合川選手を抑えてクラス4位、次戦は表彰台をめざしてがんばってくださいね。

レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.