PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

ポルシェ・トロフィー第3戦 ポルシェトロフィー・シリーズ中で夏場に行われる大会は、マシンにもドライバーに最も負担のかかるレース。高気温、高湿度でエンジンやタイヤ、体力や気力の疲労がとても大きいこと。また予選が午前中、決勝が夕方近くと時間が空くことでモチベーション維持が難しいのです。
しかしこの第3戦の勝利が、シリーズチャンピオンへの道であり、誰しもが気合の入る一戦なのです。

ポルシェ・トロフィー第3戦 梅雨明け直前に開催された2007年第3戦は、前夜の豪雨が止み、ジッとしてても汗が噴出す蒸し暑い一日でした。曇り空で路面温度が上がり過ぎなかったのが唯一の救いでしょうか。
10時15分に始まった予選でまず飛び出したのは、#68佐々木選手、#20安田選手、#38平林選手。各々とほぼ同タイムです。マシンを新しくした#4板垣選手は各コーナーを試しながら、#930松島選手はトラブルで2周のみでタイムアタック終了。
午後3時50分、各車が決勝グリッドにつくと雲は厚みを増し薄暗い雰囲気。フォーメーションラップが始まると小雨もパラついてきましたが、そのまま決勝レースはスタート。
まず飛び出したのは、3戦ぶりに出場の#51芝谷選手。スムーズなスタートを切った#20安田選手は、#68佐々木選手に迫るもマシンパワーの差か周回ごとに離れてきます。それに続くのは、前戦優勝の#77多田選手。軽量なマシンを駆る#73乾選手は、#4板垣選手を抜いて5位につけています。
ポルシェ・トロフィー第3戦 後方でペースが上がらない#50胡桃選手、#33谷岡選手の隙をつき、最後尾スタートの#930松島選手が7位にジャンプアップ。
トップを走る#51芝谷選手は昨年のタイムが出せずにいますが、徐々に2位の#68佐々木選手を引き離しています。
少し後方の#20、#77、#4の3位争いは熾烈。6周目に#4板垣選手が#77多田選手をパス。このまま最終周回まで3台によるテール・トゥ・ノーズ状態が続くスリリングな展開。
#930松島選手とバトルを繰り広げてきた#38平林選手、9周目の第一コーナーの進入で単独スピン。後方が気になりブレーキを踏むタイミングがほんの一瞬遅れてしまったそうです。
#50乾選手はエンジン、ブレーキなどトラブルを抱えるマシンを操りながらも完走を遂げましたが、#33谷岡選手はエンジンが吹け上がらなくなり残念ながらリタイヤ。
#51芝谷選手がチェッカーを受けた頃、最終コーナーでは#77多田選手がスピン。#4板垣選手を抜こうとしてあと一歩我慢できなかったのか・・・これで#53森本選手がクラス3位に繰り上がりました。
ポルシェ・トロフィー第3戦 #4板垣選手はストレートスピードを生かした走法でAクラス2位をゲット。気持ちを集中してAクラスの2台を最後まで抑えきった#20安田選手がBクラス2位、中盤を単独走行した#73乾選手がBクラス3位で3戦連続表彰台に上りました。

【優勝インタビュー】#51芝谷選手
「ほとんど練習できずセッティングが決まりませんでした。予選からアンダーが強く曲がらずとても疲れました。でも次戦はバッチリ仕上げてコースレコードを狙いますよ!」


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.