PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日

ポルシェ・トロフィー第5戦
2007年最終戦は、暖かい秋のせいか紅葉やススキがまだ残る12月2日に開催されました。
ここまでのシリーズポイントは、Aクラスが47ポイントの#77多田選手がトップ、2位には40ポイントで#53森本選手。Bクラスは46ポイントの乾選手がトップ、2位には45ポイントの#68佐々木選手で、3位37ポイントの#20安田選手にもチャンピオンの可能性は残されています。
ポルシェ・トロフィー第5戦 今回は関東からの参戦もあり、今年最多の15台出走(16台エントリー)となりました。最終戦はいつもより3周多い15周回。そしてボーナスポイントも3点加算されます。これらの条件が、レースにどんな影響を及ぼすのかが注目ポイントでした。
予選スタートは10:15。降りていた霜もすでに溶けてはいましたが、路面温度は7.5度とグリップは低そうです。さらに台数が多いことでクリアラップをうまく取れるかがタイムにつながります。
関東から参戦した#6中山選手が、真っ先にコースイン。しかし慣れないコース、さらに初めてダンロップを履く事もありセッティングが決まっておらず大苦戦。タイムアタック後の1コーナーではグラベルに飛び出してしまいました。久しぶりにポルシェトロフィー出場の#74組田選手も同様にセッティングが今一つのようでしたが、コースに慣れていることもあるのか予選3番手をゲット。Aクラストップは、#22小山選手で1'37.500をマーク。
ポルシェ・トロフィー第5戦 Bクラスは、#68佐々木選手が1位。いつものように攻めるドライビングで、リボルバーやダブルヘアピンではタイヤが悲鳴を上げマシンが左右に流れています。予選でキレのある走りをしていたのは#20安田選手、自己ベストをマーク。今年研究を重ねてきたセッティングがようやく決まったようです。3位には#50胡桃選手で、こちらも自己ベストです。シリーズ1位の乾選手はブレーキが厳しいのか4位に沈みました。#88竹瀬選手はレース初出場ですが、1'40.407と堂々のタイムでBクラス9台中6番手。#930松島選手は「コースが冷えてる中、がんばってタイム上げて帰ってきたのに、皆早くてビックリしたわぁ。でも決勝は見せまっせぇ」と最後尾からの追い上げを狙っています。
冬の陽が傾いた15:38に決勝スタート。路面温度は16度。
第1コーナーはクリアに#22、#6、#74、#68、#20の順で飛び込んでいきます。8番手スタートの乾選手は6位に順位を上げています。
#74組田選手は3周目に#6中山選手を、4周目には#22小山選手をパスし、チェッカーを受けるまでトップを一度も譲ることもなく優勝。ポルシェ・トロフィー第5戦昼間に時間をかけてセッティングを変えた#6中山選手は、それでも慎重に#22小山選手の後ろについていましたが、10周目の2コーナーでミスした#22小山選手の隙を突き2位に浮上。予選好調だった#50胡桃選手は2周目最終コーナーでデフが壊れて残念ながらリタイヤとなりました。
Bクラストップの佐々木選手は、5周目まで#6中山選手についていくほどの速さを見せていました。続く#20安田選手と#73乾選手は、スタートからチェッカーを受けるまで15周もの間付かず離れずのバトルを繰り広げています。両者共に今回のレースでは、順位を上げたいけれどリタイヤもできない状況。観客は大いに沸きました。
後方集団では、抜きつ抜かれつを繰り返す#53森本選手、#38平林選手、#52平野選手、#88竹瀬選手を#930松島選手が根性で?パスしていきます。
#56市川選手は徐々にタイムを上げ、11周目にはポイント狙いか?我慢の走りを続けていた#77多田選手のすぐ後ろまで迫る走りを見せてくれました。来シーズンはさらに上位を狙えることでしょう。
ポルシェ・トロフィー第5戦 参加台数が増えると、各所でバトルがあり、観客側としては楽しくシーズンを締めくくることができました。
なお、この最終戦の成績で、年間シリーズはAクラスが1位#77多田選手、2位#53森本選手、3位#22小山選手。Bクラスが1位佐々木選手、2位#73乾選手、3位#20安田選手となりました。おめでとうございます。
来シーズンの第1戦は2月24日に開催予定です。さらに参加台数が増えて、もっと盛り上がってくれることを期待しています。

【Bクラス 初出場 #88竹瀬選手】
「予選はなんとかうまくいきましたが、決勝はさすがに厳しいですね。10周目くらいには体力も気持ちもついていけなくなりました。ホントにしんどかったけど、おもしろくて勉強になりました。また来ます!」


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.