PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2008ポルシェ・トロフィー第2戦

2008ポルシェ・トロフィー第2戦 第1戦が積雪のため中止となり、2008年ポルシェトロフィー事実上の開幕戦となった今戦は、満開の桜の中、スーパーGT選手権300kmサポートレースとして行われました。
予選の行われた4月12日(土)からサーキット前道路が大渋滞。スタンドの観客数も多く、いつもと空気が違います。またピットが使えないため、Aパドック奥の1〜2コーナー前駐車場テントに控えることになりました。
今回のエントリーは11台でしたが、マシントラブルなどで出走は9台です。そのうち#89赤鮫オヤジ選手が初出場、マシンはシルバーの996GT3、しかもスーパーGTとのダブルエントリーです。
2008ポルシェ・トロフィー第2戦 予選は土曜日の14:00にスタート。
まずコースへ出たのは、#89赤鮫選手。今回が事実上の初レースというマシンのコンディションやセッティングを確かめるためでしょうか。精力的にコーナーへ飛び込んで行きます。しかし前日の練習走行が雨だったため、セッティングに失敗?してタイムは1'40.052と伸びません。
午後から差し込んだ陽射しのため路面温度は40度を超え、またGTカーのタイヤと組成が違うためか、コーナーばかりかストレートも走行レーンがグリップし辛い状態。ウイリアムズコーナー、マイクナイトコーナーなど高速コーナーではいつも以上に滑り、難しい予選だったようです。
そんな中でも好調だったのは、#55谷岡選手と#930松島選手。#55谷岡選手は、今回からゼッケンもカラーリングも変わり、冬の間にメンテナンスをしたマシンの調子も良さそうです。シリーズチャンピオンを狙う#930松島選手も40秒台でBクラスのトップタイムをたたき出しました。
一方#20安田選手、#88竹瀬選手はいずれもエンジンにトラブルを抱えており、2008ポルシェ・トロフィー第2戦全開走行ができない状態のまま予選を終了しました。
ポールポジションは、GT-2を駆る#51芝谷選手です。昨年の第4戦、ポールポジションながらトラブルで決勝を欠場した悔しさをぶつけたようなアグレッシブな走りでした。
決勝が行われた日曜日、心配された天気も曇空ながら穏やかな日和となりました。仮設パドック直前のウイリアムズコーナー上スタンドは予選以上の観客入り。その目の前で準備する各選手とも緊張感がさらに高まりる中、9:58決勝スタート!
#53森本選手がホイルスピンで順位を落とした外は、各車ともきれいなスタート・・・に見えたのですが、#89赤鮫選手がフライングでドライブスルーペナルティを課せられてしまいます。慣れぬマシンでクラッチミートがほんの一瞬早かったのでしょうか。さらにピットレーンに入ったところ、フラッグ見落としということで失格となってしまいました。#33谷岡選手を猛追していたところだっただけに残念です。
ポールポジションの#51芝谷選手は、速いペースでラップを重ね単独走行。 2008ポルシェ・トロフィー第2戦 2位の#22小山選手はミッションが入らない症状が出てタイムを伸ばせません。その後は#33谷岡選手、#53森本選手がほぼ等間隔で続きます。
一方Bクラスは、レース後半#930松島選手がアンダーステアに悩まされる中、#38平林選手が背後をうかがっています。#38平林選手は毎月のように練習を重ねていますし、今年はマシンも好調ということでしたので、いつパスするか?と期待したのですが、結局この順位のままチェッカーとなりました。
予選時、エンジンにトラブルを抱えていた#88竹瀬選手は、決勝ではなんとか間に合い、5周目に#20安田選手をパス。その#20安田選手は、予選よりもトップ回転数を落とした我慢の走りで4位ポイントを獲得したのでした。

【優勝した#51芝谷選手コメント】
「大勢の観客の中で走るのはホンマ燃えますわ。応援に来てくださった仲間達にも感謝してます。実は3速ギアがない状態でして、なんとかカバーしようと他のところでいつも以上に頑張ったのが逆によかったのかもしれません。この勢いで今年は全戦ブッチギリますよ!」


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.