PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2008ポルシェ・トロフィー第4戦

2008ポルシェ・トロフィー第4戦 ポルシェ・トロフィー第4戦は、10月12日に開催されました。今年は秋の訪れが少し早いようで、サーキットへの道すがらのコスモスの多くがすでに枯れかけていています。
10:15から行われた予選は、全車ともタイムが今一つ伸びない印象でした。曇り空ながらも、路面温度は26度ありましたので、先行して行われた他カテゴリーレースのタイヤマークのせいでしょうか。
そんな中でも前戦からの好調を持続させている#55谷岡選手が1'38.790でポールポジションをゲット、Bクラスは#88竹瀬選手が1'40.299でトップタイムでした。シビックレースにも出場した#89赤鮫オヤジ選手は、マシンの仕上がりがまだなのか、伸び悩んでいます。
予定よりも少し遅れて16:48に決勝。
#88竹瀬選手が一歩出遅れたスタート、1コーナーには#55、#77、#89、#88、#930、#20、#38の順に飛び込んでいきます。セッ 2008ポルシェ・トロフィー第4戦 ティングが決まったのか力強い走りを見せる#89赤鮫選手が裏ストレートで#77多田選手をパスし、#55谷岡選手とテール・ツー・ノーズの体制へ。この2台は最終周回までトップを争い、抜きつ抜かれつの激しいバトルを繰り広げることになります。
2周目の下りリボルバーコーナー、#88竹瀬選手がブレーキングミスで単独スピン。すぐ後方を走行していた#930松島選手はうまくかわし、前方が空いたことでタイムアップ。しかしさらに後方の#20安田選手はグラベルへ退避、タイヤを痛めてしまいます。マシンが直ったばかりの#38平林選手は今一つ調子が上がらない様子で最後尾。
2〜4周回は、#77多田選手も含めたトップ3台が一団となって周回します。ポルシェ・トロフィーでは稀に見るマッチレースで観客は大興奮。
5周目に#89赤鮫選手がトップに立つと、#77多田選手はペースを落としたのか少し遅れてきます。一方、2位の#55谷岡選手はベストタイムを出して必死で食らいつき、8周目にはトップに返り咲きます。
2008ポルシェ・トロフィー第4戦 #89、#55の2台は1コーナーから2コーナー、バックストレートなどで併走を続けてきましたが、最終周回のダブルヘアピンで#55谷岡選手がコースアウト、残念ですがここでリタイヤ(完走扱いでクラス3位)。#89赤鮫選手が嬉しい初優勝を飾ることとなりました。
一時は最後尾に下がった#88竹瀬選手は、怒涛の追い上げでBクラス2位にまで順位をあげました。前戦は古いエンジンで苦戦した#930松島選手はエンジンが直り、終始快調な走りでBクラス優勝。1戦を残して2008年シリーズのBクラスチャンピオンが決定いたしました。おめでとうございます!
最終戦は12月14日。出走台数が増えて、さらにおもしろいレースになることを期待しています。


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.