PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2009ポルシェ・トロフィー第1戦

2009ポルシェ・トロフィー第1戦 ポルシェ・トロフィー2009年シーズン開幕!
今年は5月に耐久レースが予定されていて、年間6戦になる予定です。さらにDUNLOPによるワンメイクタイヤも新しいタイプに変更されました。
第1戦・3月1日、出場選手の誰もが期待や野心に満ちたキラキラした目をしています。昨年12月の最終戦でマシントラブルのあった#51芝谷選手、#38平林選手、#20安田選手、#930松島選手も元気な姿で参戦です。
9:20予選スタート。まず飛び出したのは、シリーズチャンピオンを目指す#22小山選手。#77多田選手、#20安田選手、#38平林選手が続きます。
昨年までマーチカップに出場していた#23河田選手は、マシンの挙動を確かめながらのタイムアタック。2009ポルシェ・トロフィー第1戦#53森本選手は、土曜の練習走行でミッションを破損して急遽交換しましたが、慣れぬシフトゲージでも良い予選タイムでした。昨年のAクラスチャンピオン#51芝谷選手はBクラスに移行後もやっぱり速い!
いずれのマシンも予選後半にベストタイムをマークしていました。
初春の穏やかな陽射しの下、13:34に15周の決勝レースがスタートしました。
ポールポジションからスタートした#22小山選手でした。しかし3周目には#51芝谷選手がベストタイムを出してトップに。そしていつものように2位以下を引き離しにかかった・・・と思ったら、5-6周目からペースがあがりません。それどころか2位#22小山選手、3位#53森本選手、4位#77多田選手、5位#57竹瀬選手が電車状態で連なっています。このトップグループによる激しい順位争いは、最終ラップまで続きました。
#22小山選手は各コーナーで詰め、最終ラップにベストタイムを出しましたが、#51芝谷選手の巧みなブロックの前に総合2位でチェッカー。#77多田選手は最終ラップで#57竹瀬選手に屈し、総合5位に転落しましたがAクラス3位は確保。メインスタンド前に停めた#51芝谷選手のマシン左タイヤ付近から白い煙が立ち上がっていました。
2009ポルシェ・トロフィー第1戦 スタート直後の裏ストレートエンドでは、#930松島選手のマシンが急激にペースダウン。デフトラブルでマシンは息を止めました。
後方では、#38平林選手と#50胡桃選手が8周にわたりバトル。しかし9周目に#50胡桃選手はエンジントラブルによりスローダウン、そのままピットガレージへ。#23河田選手も11周目にエンジントラブルでリタイヤ。
#56市川選手は好調で、Bクラス3位の表彰台を獲得。#20安田選手は前戦で破損・交換したサスのセッティングが煮詰まってないのか、今回は下位に沈みました。
次戦は4月12日。1ヶ月しかありませんが、今回マシンが間に合わなかったドライバーも出場予定のようです。桜の中での熱いレースが楽しみですね。

#51芝谷選手のコメント「いやぁ、途中でブレーキが利かなくなってしんどかったですわ。マシンを停めたら消火器とか持って人が集まってきて騒いでて何事?って(笑) 毎回いろいろありますけど、それもまたレースでしょう。次も勝ちますよ!」


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.