PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2009ポルシェ・トロフィー第4戦
2009ポルシェ・トロフィー第4戦
今年は雨が多く太陽がスッキリ見えない冷夏でした。2009ポルシェトロフィー第4戦は、まさにそんな冷夏という言葉があてはまる日に開催されました。
2009ポルシェ・トロフィー第4戦 練習走行が行われた土曜にも路面が川になるくらい降水。8月30日の決勝日も朝からどんよりとした曇空で、路面温度は低いのですが細砂が乗っているようで予選タイムも伸びず、トップは1'38.878の#6中山選手。やはり第2戦よりも1.7秒も遅いタイムです。シリーズチャンピオンを狙っている#22小山選手が0.3秒差で2位。997で初参戦の#72江本選手がそれに続きます。
Bクラスは#57竹瀬選手がトップ。シリーズチャンピオンに最も近い位置にいるせいか、今回は気合が入っています。2009ポルシェ・トロフィー第4戦それでもやはり第2戦より2秒遅れです。第3戦でマシンフロントを大破した#77多田選手も修復なって元気に参戦、5位につけています。#52平野選手は新しいタイヤにまだ戸惑っているのか6位。
各自路面を確かめながらということもあり、車間が開いてトラブルもない予選でした。
3時間という短いインターバルの後、12周回後のチェッカーを目指し11:00全車コースイン、11:12シグナルブラックアウト、12周の熱いスプリントレースがスタートしました。
2009ポルシェ・トロフィー第4戦 まず第一コーナーに飛び込んだのは、#6中山選手。すぐ後ろに#22小山選手が虎視眈々と隙を狙っています。#57竹瀬選手がロケットスタートで3位につける一方、予選3位の#72江本選手は6位へ。
今回はトップ2台の争いが焦点。#6中山選手と#22小山選手はテールトゥノーズで周回を重ね、終盤に#22小山選手がヘアピンコーナーでトップに立つも#6中山選手はピタリと追走。チェッカー時にはほんの1.025秒差・・・まさに真夏の激闘でした。
一方、Bクラス3位をめぐるバトルは最終周回にドラマ。2009ポルシェ・トロフィー第4戦#52平野選手はスタートを失敗、#38平林選手に抑えられていましたが、バックストレッチのブレーキングで#38平林選手がミス。そのままヘアピンコーナーでグラベルに飛び出してしまいます。前戦では最後までミスなく走りきった平林選手でしたが、今戦ではマシンから降り天を仰ぎ悔しい思いをしました。
スタートで出遅れた#72江本選手、コースに慣れた?後半は俄然と巻き返し次々前車を抜き去り、11周目にはベストタイムをマーク。3位表彰台を獲得しました。
AE86、ユーノスロードスターとトリプルエントリー!をした2戦目の#930山下選手は嬉しい初完走。

レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.