PORSCHE TROPHY(ポルシェ トロフィー)は岡山国際サーキットで開催される国内A級ライセンス以上が必要なJAF公認 ポルシェ・ワンメイク・レースです

HOME DRIVER RACE REPORT ENTRY LINK BBS


2009年
 第1戦 3月1日
 第2戦 4月12日
 第3戦 5月17日
 第4戦 8月30日
 第5戦 10月18日
 第6戦 12月6日
2008年
 第1戦 8月31日
 第2戦 4月13日
 第3戦 7月27日
 第4戦 10月12日
 第5戦 12月14日
2007年
 第1戦 2月25日
 第2戦 5月20日
 第3戦 7月22日
 第4戦 10月14日
 第5戦 12月2日
2006年
 第1戦 2月26日
 第2戦 3月26日
 第3戦 5月20日
 第4戦 8月27日
 第5戦 12月3日
2005年
 第1戦 2月20日
 第2戦 5月22日
 第3戦 7月24日
 第4戦 10月30日
 第5戦 12月4日
2009ポルシェ・トロフィー第4戦
2009ポルシェ・トロフィー第5戦 2009年のポルシェトロフィーは例年より1戦多い全6戦。
シリーズチャンピオン争いも佳境に入ってきました。
Aクラス。前戦で宿敵?中山選手を抑えきった#22小山選手がシリーズをリード。僅差で2位につけている中山選手が出場しない今戦はポイントを広げるチャンスです。
初戦から3戦連続2位、前戦ではスタートを決めて優勝と、安定感と速さを見せてくれるようになった#57竹瀬選手は、今戦を完走すればBクラスシリーズチャンピオンを初めて手にします。2009ポルシェ・トロフィー第5戦
2009年シーズン第5戦は10月18日に開催されました。岡山国際サーキットの周囲では、稲刈りは終わって、山の木々が少し黄色味を帯び、秋も深まりつつあります。
予選をトップでコースインしたのは、#38平林選手。今戦は僚友・安田選手がエンジントラブルで出走しなかったこともあり、少し寂しげな表情ではありましたが、気合は入っています。
ポルシェトロフィー初出場の#23波多野選手、#77多田選手が続きます。今戦直前にマシンが直ってきた#55谷岡選手は、コースイン前は少し緊張した面持ちでしたが、パワフルな走りを披露し 1'37.968で見事ポールポジションを獲得します。直前にフォーミュラの予選があり、コンパウンドの違いからか路面グリップが弱くなっていたそうです。
2009ポルシェ・トロフィー第5戦 決勝レースは、秋の陽がすっかり傾いた16:38スタート。この時期・この時間だと、パイパーコーナーと最終コーナーでまともに西日が目に入ってしまいます。
ポールポジションからトップで1コーナーを制した#55谷岡選手を、#22小山選手が激しく追走しています。初出場の#23波多野選手はスタートで出遅れてしまい、さらに9周目にはマシントラブルで残念ながらリタイヤとなってしまいました。最終戦でぜひリベンジを!2009ポルシェ・トロフィー第5戦
予選で1速が入り辛くなった#77多田選手は、ミッショントラブルを抱えたマシンを労わりながらの走行していましたが、トップギアも不安定になり、8周目くらいからは中速も・・・各コーナーで大回りが目立ち始め、とうとう10周目には#38平林選手にもパスされてしまいます。
トップ2台は、1秒前後のタイム差でチェッカーまで走り続けました。#55谷岡選手のミラーには#22小山選手がずっと映っていたはず。メンタル面で相当しんどかったのではないでしょうか。しかし見事なポール・トゥ・ウィンで表彰台真ん中に立った#55谷岡選手は満足感と達成感に満ちた素敵な笑顔でした。おめでとうございます!
12月の最終戦を待たずに、Bクラスのシリーズチャンピオンが決定した#57竹瀬選手。初参戦した2007年最終戦から一度も休まず、またマシンを改良してきた積み重ねが実った結果だと思います。本当におめでとうございました。


レースリザルト(PDF 岡山国際サーキットオフィシャルサイト) >> 予選 >> 決勝


◆フォトギャラリー(写真をクリックすると別ウインドウで大きく表示します)


本サイトで使用している全ての記事・画像等の無断での複製・転載を禁止します
Copyright © PORSCHE TROPHY All right reserved.